• ホーム
  • トリキュラーには1週間の休薬期間があります

トリキュラーには1週間の休薬期間があります

確実性の高い経口避妊薬として、大きな注目を集めているトリキュラーですが、その服用方法はやや独特となっています。
これから初めてトリキュラーの服用を開始するのであれば、休薬期間について知っておきましょう。

トリキュラーを初めて使用する際は、生理の初日から服用を始め、その後21日間続けます。
21日間の服用が終わると、今度は1週間の休薬期間となります。
休薬期間が終了した後、また再び21日間の服用を開始する、というサイクルを繰り返して行う必要があり、これを守らないときちんと効果を得ることができません。
もし最初の生理の日に飲み忘れてしまった場合は、その後1週間効果が発揮できないため、コンドームなどその他の避妊方法と併用する必要があります。

休薬期間があるため、きちんとした服用を続けることが難しい場合もあるでしょう。
その場合は、偽薬がセットになっているトリキュラー28を利用することで、飲み忘れを防止することができます。
トリキュラー28は、21錠入りのトリキュラー21と、内容的には同じものです。
ただ、1週間のお休みの間に、代わりの偽薬を飲み続けることで、その後の飲み忘れを防ぐ効果があるのです。

避妊効果が非常に高く、副作用も少ないとして多くの人が利用しているトリキュラーですが、その効果をきちんと得るためにはしっかりと管理をして、服用する必要があります。
飲み忘れなどによって服用リズムが崩れてしまうと、その間効果が正常に得られませんので、避妊には十分に注意しましょう。
飲み忘れ防止には、日数分の区切りがあるピルケースなども効果的です。
あらかじめ薬をセットしておくことで、自分がきちんと服用したかを確認することができます。